ギルギットの夜明け

アクセスカウンタ

zoom RSS ギルギットも天災に見舞われています

<<   作成日時 : 2016/04/27 10:05  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年の6月半ばより酷い眩暈に襲われ、夏からは3カ月の医者(耳鼻科や脳)通い。医者では治らず、続いて4カ月もの鍼医者通い。時折良くなったり、一歩も動けずベッドの上でのたうちまわったり・・・

でも3月半ばから急に身体が軽く感じられたので、1週間ばかりギルギットヘ行っていました。(昨秋も体調の良い時を見計らって10月にいきましたが)
ギルギットも昨秋から数度も立て続けに起こっている大きな地震で被害が出ています。(被害者支援はセンター顧問のご主人が中心で、ミーナ・バザー用に備蓄してあった衣料品約800着、毛布20枚、毛糸の帽子200などなどを放出しました)

その後、続いて3月末からの豪雨・洪水、ギルギット上部の水力発電所が半壊。続けてまたまた地震で半分埋まり、24時間電気もない生活でした。カラコルム・ハイウエーは70qに渡って崩壊し続け完全復旧の見込みもなく、ギルギットには食料も燃料も搬入がありません。支援物資優先のようで、機内預けの荷物は届かず、持って行った資料が届いたのは5日目でした。

土地物の青菜とじゃがいも以外はバザールに見らず、主食の小麦なども3倍近い値段で、ガソリンがないので遠出も出来ず、廻れたのは教育局(発電機をまわす燃料もなく、真っ暗でした)と2つの村と、モデル校に指定されている小中学校だけでした。

ようやく飛行機が飛び、ギルギットから首都へ帰ってまるで天国のようだと、普通生活を有難たかっています。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ギルギットも天災に見舞われています ギルギットの夜明け/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる